薄毛や髪の毛のサイクルには睡眠が深く関係していた?

よく眠る人は薄毛にならないって本当?

よく眠る人は薄毛にならないって本当?

睡眠不足が薄毛の原因になる可能性があるのをご存知でしょうか。これには明確な理由があります。それは睡眠不足になると、血の巡りが悪くなったり、ストレスが溜まる原因となったりします。

また、成長ホルモンも減少してしまうことでしょう。これらはすべて薄毛の原因となってしまう可能性があるのです。

逆に言えば、よく眠ることは髪の毛にも良い効果があるということです。もちろん、薄毛の原因として睡眠不足は大きいものではありません。その他に様々な原因が混在しています。

しかし、少なくとも質の良い睡眠をとっていないと、体にはあまりよくないことははっきりしています。特に、最近髪の毛が薄くなってきたと心配している人は、一度自分の睡眠時間を見直してみることをおすすめします。

昼寝をしても薄毛予防になるの?

昼寝をしても薄毛予防になるの?

薄毛予防には睡眠が大事としているのですが、夜忙しいから昼寝で睡眠時間を増やしてもよいのかどうかが気になるところです。

では昼寝は効果的なのかどうかですが、実はしないよりもしたほうが効果的になります。睡眠をすることによりストレス発散が可能になります。

夜だけでも十分な場合もありますが、しかし過度なストレスが溜まっていると夜の睡眠だけでは足りません。20分程度の昼寝をするだけでもストレス発散をすることができ、元気を取り戻せます。

ストレス発散することで自律神経を整えることができ、健康的な髪の毛を育てられるため効果的です。仕事をしていると昼寝することは難しくなりますが、休日に昼寝をして薄毛予防をしていきましょう。

ただし、時間が長くなればなるほど、夜の睡眠に影響をあたえるので、長くても30分程度にしましょう。

薄毛対策できる睡眠とは?

薄毛対策できる睡眠とは?

薄毛対策に睡眠改善は必要不可欠なのですが、ただ寝れば良いだけではありません。効果的な睡眠を心がけるようにすることが必要なので覚えておきましょう。

薄毛対策できる睡眠はどのようにすればよいのかですが、まずは寝る時間帯に気をつけるようにしてください。薄毛対策に必要な成長ホルモン分泌は時間帯により異なります。

多く分泌される時間帯となるのが、22時から深夜の2時ぐらいまでです。この時間帯に睡眠していることにより成長ホルモンが多く分泌されることで薄毛対策ができます。

ただ、質の悪い睡眠だと成長ホルモン分泌が少なくなりますので、眠りやすい寝具に変えたり、ストレス管理や適度な運動などをして眠りやすい状態を作るようにしましょう。