そもそも薄毛の原因って何なの?対策方法はあるの?

男性の薄毛の主な原因は?

男性の薄毛の主な原因は?

薄毛の原因というのは複数存在します。どんなにケアを頑張っていても遺伝によって薄毛になってしまう人もいれば、仕事などからくる慢性的なストレスによって髪の毛が抜けやすくなってしまう場合もあります。

またタバコやお酒などの生活習慣も大きく影響します。その人がどのような生活を送っているかによって原因が様々なので一概には言えませんが、生物の特徴から考えて薄毛の原因になりやすいのは「皮脂の分泌量」です。

女性に比べて男性は皮脂の分泌が活発な傾向にあります。そのため毛穴に汚れがたまりやすく、それが薄毛の原因になってしまいます。

毎日しっかりと洗髪を行い、マッサージをするなどして毛穴をケアし、頭皮の血行をよくすることが改善につながります。

薄毛対策にはシャンプーの仕方を見直すべき?

薄毛対策にはシャンプーの仕方を見直すべき?

何気なく、無意識のうちに行っているシャンプーが、薄毛の原因を作っているかもしれません。普通のシャンプーには化学物質が色々含まれています。

それは髪の毛に栄養を与えたり、輝きを与えるために有効な成分でもあるのですが、しかし、長年使い続けていくと、化学物質が毛穴などに蓄積されていき、それが髪の毛の成長を妨げ、結果的に脱毛を引き起こしてしまう可能性があるのです。

そのためできる限り化学物質が少ないシャンプーを選ぶことが大切です。また、薄毛対策にはシャンプーの仕方も考えてみる必要があります。

力任せにごしごし洗うのではなく、毛穴に詰まった皮脂などを押し出すように洗うのがポイントです。

シャンプーを泡立てたなら、しばらくそのまま放置し、汚れが浮き上がってくるのを待ちましょう。お湯を流すときは、最後まで丁寧に洗い流すことが大切です。

薄毛対策には生活習慣を見直すべき?

薄毛対策には生活習慣を見直すべき?

薄毛になる要因として、生活習慣は大いに考えられますから、生活習慣を見直すことで薄毛対策になるということは大いに考えられます。

生活習慣の中には当然栄養面での食事、精神面での睡眠などが含まれますし、運動も含まれることになります。

こうした要因全てが上手くいってようやく対策が出来るということを考えることが大切です。どれか一つでも上手くいかないところがあると、それは薄毛となってしまう原因となります。

毛が生えるというのは、栄養が適切に細胞に届いて、細胞が正常に働くことで出来ることであって、栄養不足も駄目ですし、ストレスなどで神経が弱って正常に細胞を動かす指示がこないということでも駄目だということになります。